最新情報

2020-10-01 お知らせ

10月1日から乳児のロタウイルスワクチンが定期接種になりました

乳児のロタウイルスワクチンが令和2年10月から定期接種になりました。

 

 

ロタウイルス胃腸炎とは

乳幼児に多くおこる感染性胃腸炎のひとつで、ロタウイルスというウイルスが原因です。生後3か月以降に初めて感染すると重症化しやすく、突然の嘔吐や水のような下痢、発熱を伴うこともあります。症状が重く脱水が強い場合は入院が必要になることもあります。

 

接種対象者

令和2年8月1日以降に生まれのお子さんが対象です。

*対象となるお子さんには、個別通知でお知らせしています。

 

ロタウイルス胃腸炎とは?

口から侵入したロタウイルスが腸管に感染して発症します。感染力が非常に強く、手洗いや消毒などをしっかりしても、感染を予防することが難しく、乳幼児のうちにほとんどの子どもが感染します。下痢や嘔吐は1週間程度で治りますが、下痢、嘔吐が激しくなると、脱水症状を起こす場合もあり、乳幼児の急性胃腸炎の入院の中で、最も多い感染症です。一生のうちに何度も感染するウイルスですが、初めてロタウイルスに感染した時は、特に重症化しやすく、まれに脳や腎臓に影響を及ぼすこともあり注意が必要です。生後すぐに感染する場合もあるので、ワクチンの接種は、早い時期に完了させます。

 

ワクチンについて

ロタウイルスワクチンは2種類あり、どちらも生ワクチン(弱毒化したウイルスを使用したワクチン)で、飲んで接種します。2種類とも、効果や安全性に差はありませんが、接種回数が異なりますので、他のワクチンとのスケジュールを考慮して選択します。

なお、途中からワクチンの種類を変更することはできませんので、最初に接種したワクチンを2回目以降も接種します。

ロタウイルスワクチンは、初回接種を生後14週6日までに受けることが推奨されており、生後6週を過ぎたら早めに接種し、完了することがすすめられています。

詳細は予防接種のページをご確認ください。

妊娠前から子育てまでに関する相談・支援は すべて「kurumu」に
お問合せください

kurumu

高浜町子育て世代包括支援センター「kurumu」

〒919-2201
福井県大飯郡高浜町和田117-68
高浜町保健福祉センター内 1F

電話でのお問合せはこちら TEL.0770-72-6154 (受付時間 平日 8:30〜17:15)